レヴォーグにアルミテープチューン施行Ⅱ

前回「レヴォーグにアルミテープチューン施行Ⅰ」にてハンドルコラムの下にアルミテープを貼りつけましたが、鈍感な私の感覚ではオカルトチューンの域を出る事が出来ませんでした (‘A`)y-~。
そこで今回は車外とエンジンルームに貼って効果を検証してみようと思います。
貼った場所ですが下記写真の位置に貼って行きました、大きさは大雑把ですが車外は全て10mm×50mm位です。

1.フロントウインドウ下部両端


2.次は本来ならフロントバンパーのサイドにどか~んと貼りつけると良いらしいのですが・・・あまりにも見っともないので(あくまでも私のレヴォーグにはという意味です<(_ _)>)タイヤハウスに隠して貼る事にしました。前と後ろにそれぞれ貼りつけました。

タイヤハウス前部からアンダースポイラー部へかけて

タイヤハウス後部
 
 3.後輪タイヤハウスも前後に貼りつけました
タイヤハウス前部

 タイヤハウス後部

4.STIリアアンダースポイラー

5.名称が解らないのですがリアフード?

左右で貼付しましたので計14ヶ所に貼りつけしました

続きましてエンジンルームです、計10ヶ所に貼付けを行いました






 バッテリーにも貼ってみました

アルミテープチューンその効果は?

前回と同じルートを走行、気になる燃費は前回と同じ11Km台と効果のほどは???
走行フィールもさして前回と比べ変化は?
ただ、エンジンの音が少し小さくなったような気が???これはなぜでしょう?走行時の空気との摩擦で生じる静電気を放電してと聞いていますが、エンジンをかけた瞬間からその様な気がします、やはりプラシーボでしょうか?

私の貼り方に問題があるのかもしれません、他のサイト等を見るともっと大きく貼っています、私の貼り方があまりにも控えめ過ぎて効果が得られなかったと言う事も考えられます。
また、貼付け場所も本来推奨されている場所と同じ個所では無い為に効果が出てこなかった可能性もあります。

もしかするとレヴォーグはもとから空力が良く、また静電気の放電も良く出来ている為効果が得られない可能性もあります。

どなたか、レヴォーグにアルミテープチューンを施し効果があったという方が居ましたら是非アドバイスをお願いします。

今後サイドガラスへの施工、及び現在貼りつけているテープを拡大して効果を確かめるというのも一案ですが、サイドガラスへの貼付けは見えないように貼りつけないと法令違反となる。テープの拡大は現在の状態でもう少し効果が得られれば良かったのですが・・・
私的には現状レヴォーグ2.0GTSでの効果が疑問符な為・・・未定です

再度、もしレヴォーグ2.0へアルミテープチューンを行い効果があったという方がおられましたらご連絡をお願いします。




0 件のコメント :

コメントを投稿